NYダウ平均株価なら、くりっく株365

↓ skip to article

投資で人気の金融商品といえば、やっぱり株価指数取引じゃないでしょうか。株価指数取引とは、ある市場に上場されている株式銘柄の中から選出された一定数の銘柄の価格を、特定の計算式をもとに算出した数値である株価指数を取引します。数を取引するというとイメージがわきにくいかもしれませんが、FXでは為替レートを、株式売買なら株価を、どれだけの量買うのかで掛け算して、いくらの価値のものを売買するのか計算しますね。これと同じだと思って大丈夫です。株価指数も、安いときにたくさん買って高くなってから売れば利益が出るというわけです。

さて、株価指数取引のメリットにはいろいろあります。まず、株価指数と言うのはその市場の全体の動きを表しているので、わかりやすいという点が挙げられます。市場が良くなれば株価指数も上がるし、市場が悪くなってきたら株価指数も下がる、いたってシンプルです。それから、株式売買であれば、その会社が突然倒産でもしてしまったらその株券はただの紙切れになってしまいますが、株価指数の場合は倒産の心配がまずありません。株価指数算出のために選定されている会社が全部突然倒産するということはまずありえないからです。

では、どのような株価指数を取引することができるのでしょうか。日本の株価指数で有名なのは、日経平均株価指数やTOPIXがあります。でも、株価指数は日本のものだけではありません。たとえば、NYダウ平均株価指数などは、テレビのニュースでもおなじみですね。マイクロソフトやアップル、ナイキ、ボーイング、マクドナルド、コカ・コーラなどといった、世界的に有名な銘柄がたくさん入っているので、日本人でもとっつきやすい株価指数だと思います。

さて、そんなNYダウ株価指数取引についての朗報です。平成28年6月27日から、くりっく株365でも取引できるようになるそうです。これまでくりっく株365では日経225以外にはイギリスとドイツの株価指数しか取引ができませんでしたが、これにより、アメリカの株価指数もいつでも取引可能になりますよ。

Comments (No comments)

There are no comments for this post so far.

Post a comment